読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのしいまいにち

アラフォー主婦による育児や生活についてのメモ帳

出産祝いに貰って嬉しい欲しいもの / そうでないもの その1

出産祝いは何がいいかよくわかんない。

出産後の今になって頂いたら嬉しいものとちょっと

困っちゃうものがわかるようになりまして。

そりゃそうだよね、出産体験しないとわかるわけない!

 「お祝いは気持ちだから」ってもっともなことだけど

送ったからには使ってもらいたいし、出来ることなら喜んで使って欲しい。

そんなわけで子持ちのいち視点からお祝いアイテムを考えます。

 

 

 スタイ(よだれかけ)

嬉しい度 ★☆☆☆☆

 

 赤ちゃんと言えばスタイ!なだけに目立つものだからデザインの好みが気になる…。

ドンピシャデザインだと嬉しいけど安くて手軽だからこそ

みんなプレゼントしてくれて大量に未使用が余るっていう…。

更に赤ちゃんによってはよだれが出ない子もいるので

付けてはみたけど使わないし、いちいちつけるの面倒くさくて

タンスの肥やしになることも。雑誌の付録とか資料請求で貰えたりする。

また、後ろで結ぶヒモタイプとボタンタイプ、

マジックテープタイプがある。確実にボタンかマジックテープのが楽ちん。

でもマジックテープは洗うごとによれてきたりゴミや髪の毛が絡まったりするので

ボタンタイプが圧倒的に楽です。ヒモだと首がしまったりしやすいしほどけるし。

「肌に触れるものだから」ってオーガニックな素材にこだわるママもいるし

スタイのプレゼントはちょっとむずかしい。

 

 

おくるみ

嬉しい度 ★☆☆☆☆

 

 意外とあんまり使わなかったおくるみ。退院時に家までちょっと巻いて

出産が秋だったので肌掛けにするにも薄いし春まで封印かもしれないアイテム。

好みのデザインじゃないとこれまた使いにくい。

「ガーゼのおくるみを子供が気に入って寝る時に離さない」というのも聞くので

相手の好みを把握しているなら送ったら喜ばれるかもしれません。

こちらもオーガニックコットンなどなどこだわる人もいます。

 

 

 ベビー服

嬉しい度 ★★★☆☆

 

 趣味が合えば嬉しいアイテム。

何よりもサイズが大切ですが、産後すぐにおしゃれして出掛けることがないので

(まず行くと言えば1ヶ月検診、早い人は2週間検診なんかですが

 おしゃれよりも脱がせやすさ、着せやすさなのでとても適当な服)

「初めての赤ちゃんの服」ということで自分で用意するのが楽しいこともあり

60cmのは結構な量になってたりする。

ちなみに前開きタイプとかぶりタイプで首がすわる前は前開き、

座ってからかぶりタイプな感じです。

50cmもあるけどこれは小さく生まれた赤ちゃん用。

大きく生まれた赤ちゃんは既に着れなかったり。

ベビー服が枯渇するのが大体生後半年位からなので

春生まれなら冬服、冬生まれなら夏服とか重宝される…けど売ってない可能性…

うちは秋生まれで冬服を貰ったんですけどサイズが大きくて履けない

→次の冬では逆に小さくて着れないかも!?と残念な状態になってしまい。

(主人が身長高いので子供も大きいだろうと思われたのですが、平均より小さく

生まれました。こればっかりはわかんない)

コットンの服は(夏服)つぶしが利くし、70cmサイズ辺りを選ぶと大丈夫かも。

 

 

バスタオル

嬉しい度 ★★★★★

 

個人的にとても嬉しかったもの。

やっぱり生まれたての赤ちゃんには柔らかいタオル、

新しいタオルをおろしてあげたい!ということで。

沐浴で使うのはもちろん、ベビーベッドや布団に敷く

(背中漏れしたうんちの防波堤)、おくるみにもなる、布団代わりにもなる、

ベビーマッサージなんかで使う、外出時は敷けば赤ちゃんを寝かせられる、

そのうち赤ちゃん以外の家族が使える…といいことづくめだったりする。

私が出産した友達に贈るのもタオルが多く、無難に白にしてます。

今治泉州と国内のブランドも本当に肌触りが良くていいですよね。

多分良く言う「いくつあっても邪魔にならない、助かる!」ものの一つは

バスタオルなんじゃないかなと思ってます。